ファティーボに含まれている酵素とは?

ファティーボに含まれている酵素とは?

ファティーボに含まれている酵素とは?

ファティーボには酵素といわれる成分が含まれています。

 

 

酵素とは、体を維持するために必要不可欠な成分です。

 

 

 

酵素には3種類あります。

 

  • 消化酵素
  • 代謝酵素
  • 食物酵素

 

上記の酵素を端的に紹介します。

 

 

消化酵素とは

消化酵素とは、字のごとく消化する酵素物質です。

 

食べたものの消化には必要不可欠で、胃酸で柔らかくされた食べ物は十二指腸を通って小腸、大腸に向かいます。

 

この間に、食べ物を消化せなければ体内に栄養を吸収させることができなくなるため、消化酵素という物質の力で食べ物をドロドロに消化する働きが必要となってきます。

 

この働きをしている物質が、いわゆる消化酵素です。

 

 

消化酵素には

 

  • デンプンを分解する「アミラーゼ」
  • タンパク質分解する「プロテアーゼ」
  • 脂肪を分解する「リパーゼ」
  • 糖分を分解する「マルターゼ」

 

があり、食物を効率よく分解しています。

 

 

代謝酵素とは

代謝酵素とは、生きていくうえで重要な位置にある酵素が代謝酵素です。

 

 

代謝酵素とは、体を形成している各細胞に指令を出す働きをしている役目を担っている超重要な触媒体といわれています。

 

 

 

細胞が働く行為には、吸収・分解、燃焼、排泄などの化学反応を引き起こす作用が不可欠ですが、この化学反応を起こさせているのが代謝酵素です。体内に代謝酵素が存在しなければ人間が生きていくことができないのはもちろん、体内細胞の存在すらないのです。

 

なので、体内酵素の存在は人間が生きていくうえで必要不可欠な存在です。

 

 

しかし、体内酵素も20歳までの量は十分ありますが、それ以降減り続け40歳になると約半分の体内酵素しかなくなるそうです。単純計算しても体内酵素が半分になれば、体力や体内細胞の衰えも半分になってしまうと仮定できます。

 

 

つまり、体内酵素が少なくなれば、シワが増え筋肉が細り痩せた体となっていくさまが浮き彫りに反映されてくるようなってきます。

 

もちろんこの症状には個人差があり、年を重ねても体重が増える人もいます。しかし、理屈上では痩せていくのが道理です。

 

 

なので、体内酵素の存在が必要ということが嫌でもわかると思います。

 

 

 

食物酵素とは

読んで字のごとく、食物の中に含まれている酵素です。

 

 

上手くできているもので、食物の中には食物を消化させる酵素が最初から含まれています。

 

食物を食べた後の「消化・吸収・分解」作用を助けるために自然理の作用から含まれているようです。

 

 

つまり、食物に含まれている酵素の働きによって、体内酵素もそのまま維持できるということです。

 

体内酵素の上限量は限らている中で、しかも体内酵素の消費率はさまざまな要因(ストレス・寝不足・たばこ・お酒・不規則な生活)などの負荷要因によってすぐになくなってしまいます。

 

 

なので、酵素が多く含まれた食物の摂取はぜひとも多く取り入れるように日ごろから心がけておきたいものです。

 

 

このような働きがある酵素の力の源がファティーボには含まれているのです。

 

酵素が多く含まれたファティーボを飲むことで、太る体に変身できる過程が見て取れそうですよね。

 

 

酵素入りのファティーボの詳細を確かめてみる→

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る